So-net無料ブログ作成
検索選択
入院事情 ブログトップ

ドナドナ [入院事情]

 

   入院前日まで 仕事に励む毎日です。

 

   入院中 「パンツ」に困らないように

   新品パンツを14枚、荷造りしました。

 

 

  実は 初診のとき 

  「とりあえず 行こう」と、 慌てて 予約なしで行ったので

  『今日は、診察だけで 検査とかは後日だろう・・』と

  たかをくくっていたのですが・・・・・

 

   「はい、Nさん。 これとこれと検査してきてね~」と

   

   「えええっ! 検査するんですか!?」

   「何か、問題でも?」

   「い、いえ・・・」

 

 

 

   問題、山積。

 

 

  実は 私のパンツは 「健全なパンツ」がほとんど無い状態だった

  (ここはあくまで、過去形です)のです

   

     健全なパンツって・・・・・何?

  

 

    はい、では問題です。

 

 

   健全なパンツでは・・・・・・無い。

  とすると、 どんなパンツなのか・・?

 

 

   それは 限りなく布面積が小さいタイプなのか?

  紐でくくるタイプのものなのか?

 

 

  nonn!nonn!nonn!

 

 

 

  違います。

 

  それは、 ワンコさんたちが 何故か

  私のパンツの ゴム部分が大好き故に・・・

  「ハムハム・・」してしまい、 要所、要所に亀裂が(歯形ともいう・・)入った

  『穴あきパンツ』なのです。

 

 

         P1070148.JPG

   そして、お腹のレントゲン

   その悪夢はやって来ました。

 

  

 

         P1070146.JPG

  「はい、Nさん。 出来たら下着になっていただけますか?」

 

  「沈黙・・・・・・・・(なれません)・・・・・」

        だって、 今日は 穴あきパンツだから・・・

    

   50過ぎのおばさんは こんな(って どんな?)おパンツ履いていたら

   ダメでしょ~~~~~~。

 

      誰か、助けて~~~~~~~!!!!!

 

 

 

 

 

 

          P1070156.JPG

 

 

          P1070157.JPG

 

 

 

 

 

 

 

     と、取りあえず 

     検査着をかりて その場をしのいで

     事なきをえましたが・・・。

     恥の海でおぼれた気分でした。 

 

 

                P1070159.JPG

   

    ってことで

 

    新品の七色パンツを

    20枚近く手に入れましたん。

 

   人生でこんなにパンツ買ったのも初めての経験。

 

 

   だけど

   入院案内に

   「小さいパンツはおやめください。 お腹まで隠れるタイプをお勧めします」

   ・・とある。

 

 

   デカパンツ・・・大量購入!

   なんだか、ドナドナな気分。

 

 

    

 

 

             P1070225.JPG


コメント(19) 

そして、ワンコの事 [入院事情]

 

   取り合えず、入院までには1カ月程 時間を頂いたわけで・・

   (でも、これって ベットが空き次第 病院から連絡がいきますからね

    って事でしたから… 結果、1カ月でしたが 内心ハラハラでした)

 

 

 

     

     出来る事は キッチリ終わらせていきたいのですよ。

 

     そこで、ワンコさんたちは この時期

    ①狂犬病ワクチン接種と 登録。

 

    ②6種ワクチン接種

 

    ③フィラリアの検査と 12月までの投薬準備

 

      いつもは ダラダラとしている私ですが

     この時は 「ま」の 幼少時のワクチン接種スケジュール並みに

     計画しました。

 

     不活化ワクチンと 生ワクチンでは 

     接種期間が違うんですね~

     狂犬病ワクチン→ 6種接種の方が

     間をあける期間が 短くて済む・・とか 色々 あるみたいなんです。

      (詳細は 獣医さんに聞いてね~)

  

 

 

      そんな ワクチン受診の日

   3匹 各々 、 リンパの腫れ具合とか 歯の様子とか・・心音とか

   診察をしていただいて・・・。

 

 

   心音とか・・・・。

 

 

  ん?、    ん?・・・・・・・ん?

 

 

  

   

  「鈴のすけ君  心雑音がありますね~」

 

  「はあ?・・・・・」

 

  「こんど 心エコー してみましょう。」

 

 ハア…鈴よお前もか・・・。

 お前も  何か 、病院通いをしたい気分なのか・・・。

  なんて、冗談も空回りしそうな気持ちでしたが

 

 とにもかくにも 「心エコー」次第です。

 

 

    P1070192.JPG

 

   そして、

   心エコーの結果ですが

 

   「心臓と 肺動脈の ジャンクション?辺りに 小さな穴があいてます。」

 

   「ひえ~ それって大ごとぢゃないですか?」

 

 

   「う~~~~ん。 でも 小さな穴ですし

    全体の症状も出ていないですし・・。

 

   ま、経過観察ってことで 定期的な検査は欠かさないようにね。」

 

   「それって、先天的な疾患ですか?

    それとも 過去のフィラリアの後遺症ですか?」

 

   「どちかであるかは 不明ですが

    ちょうど フィラリア寄生の場所ではありますね・・」

 

 

 

    一瞬、 箪笥の中の入れっぱなしのセーターを

    引っ張り出した時に たまに見つける

    「虫食いの穴」・・・・が 頭に浮かんだわ・・・。

 

 

 

  きっと、喰われたんだわ・・・。

   そんな 肝心のとこを 齧るなよ フィラリア・・・。

        あ、これは 素人の発想です 「医学的根拠」はありませ~~~ん。

     P1070200.JPG

     

 

    それにしても 鈴っあんの 「保険」の見直しもせねばなるまい・・。

 

    入院までカウントダウンが始まったのに

    なにやら お尻に火がついたように

    取りこぼしが ありそうな 嫌な予感。

 

 

  P1070204.JPG

 

   それでも 一通りの「春のルーチン検査&接種」は

   終了~しました。

 

   フィラリアの薬も12月まで用意しました。

   

  あとは、シャンプーだな!

   

    

    

  

 

 

 

 

 

    


コメント(6) 

まずは ワンコの事 [入院事情]

 

   お見舞いを沢山、ありがとうございます。

   まだ、入院してません。

 

   来週、入院です。

 

 

   手術せな あかんやろ・・・って 事になったのは

   3月の後半で 大きな病院を紹介されて

   ベットの空き待ちで ほぼ1カ月でした。

 

 

   それにしても、この1カ月は 貴重でしたね

   細かい出来事も おいおい 入院前に 

  書いてみたいとは 思いますが

   まずは ワンコの事でしたね。

 

 

 

  人間は とりあえず 自分たちで コンビニ弁当でも

  納豆ご飯でも  掃除も洗濯もしなくたって

  とりあえず生きていける

  ( あ~、書いていて また大丈夫かよ?と思ってしまった・・)

  けど・・・

 

   ワンコさんたちは

   自分で カリカリご飯すら お椀によそえ無いし・・

   「ちょっと、散歩でも 行ってくるけど 一緒に行く?」とか

    お互いに 手を取り合って 散歩なんか しないし・・・。

 

 

   「 あ・・・・これか・・・・」って 思いましたよ。

 

   長年、 連れ添ったワンコさんたちを

   手放す理由の 「 病気で面倒が見れなくなりました・・・」

   なる程、 これは身に染みてわかります。

   八方塞がりになるわけです。

 

    ましてや、緊急入院などと言われていたら・・ぞっとします。

     わが身を棚に上げていうのも

    おこがましいですが、 やっぱり 自分は元気に生きてるつもりでも

    何かあった場合の対策は 常に頭のどこかに入れておいた方が

     いいものですね・・、。

 

    

    

   

 

     そこで、まず 我が家は 「家族」なんですが・・

 

    確かに 我が家には 「まちち」と「ま」が 居ますけど

   ほとんどの ワンコ事情は 私の役目でしたから

   改めて 頼むわけですよ

 

   『なんとか、この子たちを 面倒見てくれないか?

   心配で オチオチ入院なんぞ してられないんだけど・・』って・・。

 

    『わかった、わかった』とは 言ってくれましたが

    出勤も 朝の7時なら 帰宅は 8時、9時

 

   不安だ・・・。

    マジ、不安だ・・・・・・・。

 

 

 

   自分たちの 「メシ、フロ センタク」も まともに出来ない人たちに

    これ以上の荷物を背負わせて

    果たして 毎日が 共倒れにならないか?

 

 

 

      

    ペットホテルでは マーブルさんは 体調を崩した過去があるし・・

    チャボは ず~っと 切なく泣き続けるだろうし・・ 

 

     駄目だ・・・・。

 

      あ、電柱に貼ってあった 「犬のお散歩屋さん」はどうかな?

 

       電話をして話しを聞いたけど・・

       いまいち、ピンとこない・・・・。

 

 

 

 

 

 

    そこで、

    あ! 救世主が!

 

    って 思い出したのが

    「しろいぬの里」の 保護犬さんたちの

    『なにか ご不安が ある時にトレーニング』と お願いしている

    ドックトレーナーの 鈴木さんです

   http://suzuki-dog.com/

   

 

 

       P1070187.JPG

    もう、御すがりしましたよ~

 

     たまたま スケジュールがあいていて

     平日のいつでもいいから 「お散歩とおやつ」をお願いしてしまいました~

     

 

 

       P1070165.JPG

 

       歩かない奴や

       走る奴や

       気分やのお嬢ですが

 

 

 

 

 

 

 

 

        P1070185.JPG

     ううううう、なにとぞ よろしくお願いしてしまいました。

 

     あ・・・これで、ひとまず 平日のお散歩は 回避

 

     鈴木トレーナーが 忙しい時は

     

     ご近所の「チワワの永吉くんママ」の

     御縋り したし・・・・・(ほんと、御世話になります)

 

    

      皆様、ご迷惑かけますが

      よろしくお願いします。

 

 

 

 

     P1070182.JPG

 

     特に 鈴木トレーナーさま

     こ奴らには ご用心ください。

 

 

 

       

 

      

 

       

    

     

    

  


コメント(7) 
入院事情 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。